和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center
 麻しん(はしか)については、2015年3月、WHOにより、「日本が麻しんの排除状態」にあると認定されました。
しかし、海外ではまだまだ流行しているために、海外へ渡航した方が感染・発症、また日本に戻ってから発症し、他の人へ感染を拡げることが問題となっています。
 現在、広範囲の不特定多数の者に接触した事例についても報じられており、和歌山市においても1名の届出がありました。今後も広範な地域において麻しん患者が発生する可能性がありますので、麻しん(はしか)を正しく知って、適切に予防しましょう。
かつては子どものうちに「はしか」に感染し、免疫が得られることが多かった病気ですが、予防接種の普及で、自然に感染する子どもの数が少なくなっています。麻しんという感染症は子どもだけでなく、大人にとっても、重症化すると後遺症を残したり、死亡することもある深刻な病気です。 現在、国内で感染する機会は以前に比べ減ってはきていますが、海外渡航中に感染・発症、また日本に戻ってから発症し、他の人へ感染を拡げることも問題となっています。

麻しんは「麻しんウィルス」によって引き起こされる病気で、感染の約10日後に、38℃程度の発熱やかぜ症状がはじまり、2〜3日発熱が続いたあと(カタル期)、再び39℃以上の高熱とともに発しんが出現します(発疹期)。時には脳炎を発症するなど重症になることもあります。また、麻しんの感染により、全身の免疫力が低下するため、他の細菌などに感染しやすくなります。このため、肺炎や中耳炎などを合併することもあります。妊娠している方は流産や早産の原因ともなります。
麻しんは「麻しんウイルス」が空中を浮遊し、それを吸い込むことで感染すること(空気感染)が多く、人から人へと容易に感染します。その他、飛沫感染・接触感染など様々な感染経路があります。感染力はきわめて強く、麻しんの免疫がない集団に1人の発症者がいたとすると、12〜14人の人が感染するとされています(インフルエンザでは1〜2人)。  不顕性感染(感染はしても発症しない=症状がでない)はほとんどなく、感染した90%以上の人が発症します。

発症した人が周囲に感染させる期間は、症状が出現する1日前(発疹出現の3〜5日前)から発疹出現後4〜5日目くらいまでで、学校は解熱後3日を経過するまで出席停止となります(麻疹は、学校保健安全法に基づく第二種学校感染症に指定されており、学校をお休みしても、欠席扱いにはなりません)。なお、感染力が最も強いのは発疹出現前のカタル期です。
麻しんウイルスは非常に小さいので、マスクでの予防は難しくなります。唯一の予防方法は、ワクチン接種によって麻しんに対する免疫をあらかじめ獲得しておくことです。今まで麻しんにかかったことがなく、麻しんの予防接種を受けたことのない人は、予防接種が望まれます。 麻しんを発症した場合にも、予防接種を受けたことがある、ないで症状の重さが異なります。

また、麻しん患者と接触してから3日以内なら、麻しんワクチンで発症を防げる可能性があります。(すでに接種済みの方は必要ありません。) 妊娠中の方は予防接種できません。麻しん流行時は外出を避け感染者に近づかないことが望まれます。

麻しんの定期予防接種(無料)
1歳のお祝いと入学準備にワクチン接種を!
1期 1歳代(1歳の誕生日から2歳の誕生日の前日まで)
2期 小学校入学前の1年間

※接種対象期間を過ぎると自費接種となりますので、 対象年齢になった時には、ぜひ受けましょう。
医療機関を受診して診断を仰ぎましょう。 明らかな麻しんの症状がある場合はもちろんですが、周囲で麻しんが流行しているときに風邪などの症状が出た場合にも、受診前に医療機関に電話でその旨を伝え、指示に従いましょう。 感染している場合は、病院で他の患者に感染させる危険があります。

自宅で負担のかからない生活を送り、発熱が下がってから、4日ほど経過してから外出するようしましょう。(周囲の人に感染させるおそれがありますので注意が必要です。)
2016 麻しん啓発チラシ
和歌山市内の流行状況(麻しん)
麻しん(はしか)に関するQ&A(厚生労働省)
和歌山市における定期予防接種
戻る →