和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center

B型肝炎予防接種が平成28年10月1日から定期の予防接種になりました
平成28年9月30日(定期接種化)以前の接種の取り扱い
病気の説明
ワクチンと副反応
ワクチンを受ける時期
H28年4月1日生まれ以降の者であり、1歳に至るまでの者(1歳の誕生日の前日までの乳児)
※母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。
接種回数
27日以上の間隔をおいて2回接種した後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種

受け方
医療機関によっては、予約が必要な場合があります。
医療機関にお電話などで予約・連絡後に受診してください。
持って行く物:母子健康手帳・予診票(家で記入しておきましょう。)

実施医療機関はこちら
予防接種を受ける前の一般的注意事項
他の予防接種との間隔
注射の生ワクチン間のみ、4週間(27日)以上あけてください。
(注射生ワクチン:BCG、麻しん風しん、水痘、おたふくかぜなど) その他のワクチンについては、接種間隔がなくなりました。
ただし、新型コロナワクチンとは前後2週間(13日)以上あけてください。
なお、同一ワクチンを複数回接種する際の接種間隔は従来どおりです。
お問い合わせ先:和歌山市保健所保健対策課 感染予防対策グループ рS88−5118
戻る →