和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center
咽頭結膜熱に注意しましょう!
 毎年夏場に流行します咽頭結膜熱ですが,今年は例年より早い時期から増加傾向がみられ,今後さらに拡大されることが予想されます。感染防止のため,下記の事項に注意しましょう。咽頭結膜熱は例年6月頃から徐々に増加しはじめ,7〜8月にピークを示す夏期の疾患で,プールを介して流行することが多いので,「プール熱」とも呼ばれています。


臨床症状

発熱をもって発症し,頭痛,食欲不振,全身倦怠感とともに,咽頭炎による,咽頭痛,結膜炎に伴う結膜充血,羞明,流涙,眼脂を訴え,3〜5日間程度持続します。眼の症状は一般的に片方から始まり,その後他方にも出現します。また,頚部,特に後頚部のリンパ節の腫脹と圧痛を認めることがあります。


病原体

エンベロープをもたないDNAウイルスであるアデノウイルスによる。3・4・7型がみられます。


感染経路

通常患者からの飛沫感染,接触感染であるが,結膜を介しての感染も考えられます。


治 療

対症療法が中心となります。眼症状が強い場合には,眼科的治療が必要になることもあります。


感染予防

感染者との密接な接触を避けること,流行時にうがいや手指の消毒を励行することなどです。プールを介しての流行に対しては,水泳前後のシャワーなど一般的な予防方法の励行が大切です。


行政対応

指定届出機関(小児科定点:和歌山市内9定点)の医師は,翌週の月曜日までに保健所に年齢・性別ごとの患者発生数を報告することとなっています。


戻る →