記事一覧

インフルエンザ 警報レベル (第2週)

和歌山市感染症発生動向調査では、第2週でインフルエンザの定点あたり報告数が 35.27となり、警報報基準値(30)を超えました。

今シーズンは48Wより流行が始まり、51Wには注意報基準値(10)に近づき、年明けからは急激な増加がみられます。
ウイルスサーベイランスでは、昨シーズンはA/H3及びB(ヤマガタ系統)が中心に流行しましたが、今シーズン現時点ではA/H1pdm・A/H3の2株いずれも検出されている状況です。また、学級閉鎖数も急激に増加し、さらに感染拡大が考えられます。今後もサーベイランスの動向に注意してください。
●和歌山市インフルエンザの状況

百日咳(五類感染症・全数把握疾患)

2Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●10歳代 女性  診断方法:LAMP法/ワクチン接種歴:4回

百日咳(五類感染症・全数把握疾患)

2Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●30歳代 男性  診断方法:IgG検出/ワクチン接種歴:不明

梅毒(五類感染症・全数把握疾患)

2Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●梅毒(早期顕症梅毒Ⅰ期) 50歳代 男性

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症(五類感染症)

2Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●70歳代 男性 菌種:Serratia marcescens

百日咳(五類感染症・全数把握疾患)

2Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●10歳代 男性  診断方法:LAMP法/ワクチン接種歴:不明

百日咳(五類感染症・全数把握疾患)

1Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●10歳代 男性  診断方法:IgM検出/ワクチン接種歴:4回

百日咳(五類感染症・全数把握疾患)

1Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●10歳未満 男性  診断方法:IgM検出/ワクチン接種歴:4回

デング熱(4類感染症)

デング熱 の届出がありましたのでお知らせします。
●30歳代 男性 届出12/26  非構造蛋白質(NS1)・IgM抗体の検出
 海外(スリランカ)渡航歴あり

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症(五類感染症)

52Wにおいて届出がありましたのでお知らせします。
●60歳代 男性 菌種:Escheria coil

ページ移動