和歌山市感染症情報センター

Wakayama City Infectious Disease Surveilance Center

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎とは
病原体 代表的な原因食品 潜伏期間
腸炎ビブリオ 魚介類の刺身、すし類 10〜24時間
サルモネラ

卵および卵製品、洋菓子類
加熱不十分な食肉

5〜72時間
平均12時間

病原大腸菌
(腸管出血性大腸菌以外)

弁当や給食を原因とする事例の発生があるが、多くの事例では原因食品の特定が困難 12〜72時間
カンピロバクター 鶏肉、牛生レバー、殺菌不十分な井戸水 2〜5日
ロタウィルス 飲料水、食物 1〜3日
ノロウィルス カキなどの貝類 1〜2日
感染性胃腸炎にかかったら
その他感染性胃腸炎の情報


戻る →